初めまして。ブライアンです。

どうも、初めまして。ブライアンです。

簡単に自己紹介をさせて頂きます。

年齢:20代(社会人)

好きな物(事):英語、英語学習、アメリカ、洋画とサウスパーク

夢:アメリカへ移住してお金に困らない生活を送ること

です。

アメリカがなぜ好きかとよく聞かれますが、はっきりした答えがなく困ってしまいます。昔からアメリカのあまーいお菓子をよく食べたり、ドクターペッパー飲んだり(アンパンマンと呼ばれたり)、母に英会話教室行かされたり、父にフライフィッシング(リバー・ランズ・スルーイットに影響されたよう)させられたりしてアメリカの文化に触れていることが多かったことからだと思います。なのでこれっという理由がみつかりませんが、ただただ好きだという理由がアメリカへ移住したいという気持ちにつながり、いつしか“自分の人生で一度はしたいこと”というビッグテーマの第1位にランクインしました。

 

 アメリカへ移住するには何をしなければいけないのか。英語を苦労なく喋れるようになることも大切だと思いますが、仕事をみつけてお金を稼がないと死んじゃいます。死んじゃいたくないので手に職をつけてからアメリカへ旅立とう計画を立てました。ただ手に職をつけるって何をすればいいんだろう・・アメリカで需要が高くて、これからの時代にも必要とされる分野ってIT関係??・・

そうだ!プログラミング出来るようになろう!!

思い立ったのはいいものの特別パソコンが出来るわけでもなく、ITのことなんて全くわからないので独学でプログラミングを始めるのは不安でした。それ故、教室へ通ったほうが絶対いい!と思い、どの教室がいいのか、自分に合っているのかググりにググり・・これだ!!と某プログラミングスクールをみつけました。早速カウンセリングの予約をし足を運びました。色々話を聞かされて「なるほどなるほど〜」と適度な相づちをうってから「早速契約を結びましょう!」と申請書を記入しました。1週間後までに授業料を払ってくださいと指示されたので「わかりました!」と二つ返事をしてから家路へ向かいました。

 

 数日後、たまたま実家へ帰ったときに長年の知り合いにばったり会った。近況報告をし合う中で「プログラミングスクールへ通うことにしたんだ〜」と話をすると「ウチの会社にプログラミングの神様と鬼がいるから遊びに来なよ!」と誘われました。プログラミングの神様と鬼?? まだプログラミングのプの字もわからない自分が遊びに行って何をするんだろう・・と思いましたが、「ウチの会社出入り自由だからさ気軽に来ちゃいなよ!」と誘われるがままについていってみました。「出入りが自由な会社ってどんな会社だろう?」「プログラミングの神様と鬼って怖いのかな・・」と不安を抱えながら会社のフロアのエレベータを降りた。 (続く)